看護部

main_kangobu

ご挨拶

看護部長当院は大正2年に「大阪脳病院」の名称で開設以来、地域に根差した精神医療を展開してきました。

精神科医療保健福祉分野の改革が進むなか、精神科急性期、認知症治療、ストレスケアユニットなど、現代における精神科医療のあらゆる問題に取り組んでいます。
「地域と医療を結ぶ」をテーマに「病」だけでなくトータルメンタルサポートを地域の人々に提供してきました。
精神科における看護の活躍の場も、地域連携のネットワーク強化などに伴い、アウトリーチな取り組みが要求されます。
平成25年創立100年を迎えたことを機に地名を掲げ「八尾こころのホスピタル」と名称を変更いたしました。
精神疾患・精神障害への取り組みはもとより、広く地域住民のこころの健やかさに、より一層貢献致したいとの願いの表現です。
当院の強みは、変革を成し遂げながら100年の歴史を築きあげてきた組織文化だと思います。
精神科医療の歴史の中で、情熱を傾け携わってきた先人達の意志を受け継ぎ、熱意をもって現代の精神保健・医療・福祉の問題に向き合っていかなければならないと考えます。
伝統である「人の力になる」「心に寄り添う」をモットーに博愛・誠実・献身の精神でたゆまぬ研鑽と努力を続け、新たな時代に向けて、精神科看護を展開していきます。

看護部の理念

kenri

基本方針

  • 患者様一人ひとりの「その人らしさを大切にした」看護を提供します
  • 安全で、安心できる効果的な治療・療養環境を提供します
  • 当院の役割・地域の人々のニーズに対応できるサービスを目指し、他部門や他機関との連携を図ります
  • 専門職業人として、知識、技術、態度の研鑽につとめます
  • ユーザーファーストをモットーに、博愛・誠実・献身の精神に基づいた看護を実践します